商品紹介

  • TOP >
  • 商品紹介

戻る

商品紹介

ROOM GUARDは3つの補償でしっかりサポート

エポス少額短期保険の『ROOM GUARD』は、
賃貸住宅にお住まいの皆様の大切な家財や賠償責任などを補償します。

  • 家財補償
  • 修理費用補償
  • 賠償責任補償

家財補償1. 家財補償

下記の事故により、借用戸室に収容されている家財に損害が生じた場合に、再調達価額※1を基準に保険金をお支払します。 但し、貴金属・宝石・美術品等※2については時価額※3が基準となります。

※1:「再調達価額」とは、損害のあった家財と同一の質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに必要な額をいいます。
※2:貴金属・宝石・美術品等で、1個または1組の時価額が30万円を超えるものは補償対象外となります。
※3:「時価額」とは損害が生じた地および時におけるその保険の対象の価額をいいます。

1.火災
2.落雷
3.破裂・爆発
4.風災・ひょう災・雪災 台風・豪雪等による損害を補償。ただし、吹込みまたは雨漏り等による損害は除きます。
5.外部からの物体の落下・飛来・衝突等さらに、航空機の墜落や車両の飛び込みなどによる損害を補償。
6.供排水設備等による水ぬれを補償。供排水設備に生じた事故・他の戸室で生じた事故による漏水等による水濡れ損害を補償。
7.騒じょう等による暴力・破壊行為
8.水災による床上浸水。洪水等の水災により家財に生じた損害を補償。ただし、再調達価額の30%以上の損害が生じたとき、または地盤面より45cmを超える浸水による場合に限る。
9.盗難。航空盗難による損害を補償。ただし、家財の盗難は1事故100万円限度。通貨等の盗難は20万円限度。預貯金証書の盗難は200万円限度。乗車券等の盗難は5万円限度とする。

トップへ戻る


さらにこんな時お支払いいたします!【その他費用補償】

その他、災害時の思わぬ出費をカバーする、各種費用をお支払いします。

※下記の費用保険金は、家財補償の損害保険金との合計額が家財保険金額を超える場合(ただし1,000万円を超える場合は1,000万円限度)でも支払対象となります。

※1回の事故に対して支払う保険金の支払限度額は、家財補償のすべての保険金(借用戸室修理費用保険金を含む)を合計して1,000万円となります。

※地震火災費用保険金は、地震等による火災を原因として、建物が半焼以上・家財が全焼となった場合のみ支払対象となります。

  • 臨時費用保険金
    [家財補償1〜8]
  • 残存物取片づけ
    費用保険金
    [家財補償1〜8]
  • 仮住まい
    費用保険金
    [家財補償1〜9]
  • 失火見舞
    費用保険金
    [家財補償1・3]
  • 損害防止費用
  • 地震火災費用
    保険金
  • ドアロック交換
    費用保険金
  • ピッキング防止
    費用保険金

トップへ戻る

保険金額・保険料参考プラン[保険期間2年] 自動更新で手間いらず

家財補償
保険料(プラン) 支払限度額
17,000円 430万円
19,000円 545万円
21,000円 660万円
23,000円 775万円
26,000円 950万円
借家人賠償責任補償・個人賠償責任補償
保険料(プラン) 支払限度額
17,000円 1,000万円
19,000円 1,000万円
21,000円 1,000万円
23,000円 1,000万円
26,000円 1,000万円

※賠償事故の1事故での支払限度額は、借家人賠償責任保険金と個人賠償責任保険金を合計して1,000万円が限度となります。

※保険期間は1年もあります。 ※上記以外のプランもあります。

※加入プランの変更をご希望の場合は、必要な手続をご案内いたしますので、弊社までご連絡ください。

※この保険は自動更新型の商品であり、保険期間満了日の1か月前までに、ご契約者から保険契約を更新しない旨の連絡がない場合には、保険契約は更新されます。また、引越し先で、この保険契約を継続することを希望される場合には、必ず引越し先の住所を弊社までお知らせください。
上記連絡が無いまま借用戸室を退去された場合には、この保険契約の自動更新は行われません。

家財補償保険金額の目安

家財補償の保険金額は、お持ちの家財の再調達価額に合わせてお決めください。
なお、再調達価額を上回ってご契約をいただいても、保険金の支払額は再調達価額が限度となります。

  • 大人1人の場合、家財補償保険金額の目安は300万円から500万円。
  • 大人2人の場合、家財補償保険金額の目安は450万円から650万円。
  • 大人2人、子供1人の場合、家財補償保険金額の目安は530万円から730万円。
  • 大人2人、子供2人の場合、家財補償保険金額の目安は610万円から810万円。
  • 大人3人,子供2人の場合、家財補償保険金額の目安は760万円から960万円。

※その他の世帯構成の場合:大人(18歳以上)1名につき150万円、子供(18歳未満)1名につき80万円を加算。

※詳しくは「ご契約のしおり」をご確認ください。

トップへ戻る

保険金のお支払い例

隣の部屋から火災が発生し、もらい火で家財が全焼した場合、家財損害保険金は430万円。臨時費用保険金は100万円。残存物取片づけ費用保険金は20万円。例に掲載しているものは17000円プランのものになります。さらに、仮住まいをした場合は仮住まい費用保険金も支払われます。
落雷でテレビやパソコン等が壊れてしまった場合、家財損害保険金は20万円。
留守中に泥棒に入られ、指輪とバックと現金30万円を盗まれた場合、家財損害保険金として、指輪は10万円。バッグは3万円。現金は20万円。ただし、貴金属は1個または1組30万円を超えるものは補償の対象外となります。また、現金の盗難は20万円が限度となります。

詳しくは「ご契約のしおり」をご確認ください。ウェブサイトでご契約のしおりを見る

トップへ戻る

  • エポス少額短期保険カスタマーセンターは保険に関するご質問、ご相談、弊社へのご相談や苦情、お引越し、異動、解約等をお受けいたしております。ご連絡は、0120-83-0101。受付時間は年末年始を除く9:30~19:00となっております。
  • エポス少額短期保険事故受付センターは万一、事故が起こった場合のサポートを行っております。ご連絡は、0120-0101-80。いつでも安心「365日 24時間」受付しております。